ぶらり京都まち歩き 無料

本能寺の変 本能寺跡 ~小川通蛸薬師上ル~

  1. HOME >
  2. ぶらり京都まち歩き >

本能寺の変 本能寺跡 ~小川通蛸薬師上ル~

今日ご紹介する石碑はなに?
今日行くのは、皆さん大好き、織田信長さんの本能寺跡です!

 

武将が好きな方はぜひ行ってみたい場所ですね。本能寺の変。

こちらもウィキで調べてみると...

 

本能寺の変

天正10年6月2日1582年6月21日)早朝、京都本能寺に滞在中の織田信長を家臣・明智光秀謀反を起こして襲撃した事件である[12]

信長は寝込みを襲われ、包囲されたのを悟ると、寺に火を放ち自害して果てた[12]。信長の嫡男で織田家当主信忠は、宿泊していた妙覚寺から二条御新造に移って抗戦したが、まもなく火を放って自刃した[13]。これにより織田政権の中心人物が失われ、6月13日山崎の戦いで光秀を破った羽柴秀吉豊臣政権を構築していく契機となった。

 

バス停でいうと「四条堀川」の各バス停が最寄となります。

堀川通から東に2本目の小川通を四条から上がってみましょう。

(京都では北に行くことを上がる、南に行くことを下がるといいます。覚えれば便利です♪)

 

 

え?本能寺って場所がちがうよね?本能寺って、京都市役所の近くなんじゃないの?
そうなんです!信長さんが自害した1582年から9年後の1591年に現在の位置に移転したんです!

 

 

文字部分を大きくしてみると...

 

 

実はこの石碑ですが、こんなところにあります。

 

 

見えるでしょうか?

左側に「本能消防分団」とあります。

 

消防小屋のところにつくられているんです。

本能寺跡に消防団・・・。

 

また、この近くに通っている西洞院通に、何年か前に「信長茶屋」という建物が建っていました。

漫画家の原哲夫さん企画ということで、建物の前には、原さんの絵ののぼりがあり、戦国時代の恰好?なのか、着物を着たスタッフの方を見かけたものです。

 

一度だけ入ってみたのですが、地下には、安土桃山時代の地層まで掘り、本能寺の焦土が見えるように展示してありました・・・・が現在は閉店して違う店になっております。あの焦土はどうなったんだろう?

 

 

実はまだこの周りに案内板があるようなので、後日また写真を撮ってアップしたいと思います。

 

京都は町のいたるところに歴史があって面白いですね!
見てきてほしい石碑や遺跡などありましたら、コメント欄にコメントくださいね。それではまた!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都 その他の街情報へ
その他の京都情報はこちら

-ぶらり京都まち歩き, 無料

© 2020 のほほん京都手帳