子供の中学受験

京都の中学受験 出願の話

  1. HOME >
  2. 子供の中学受験 >

京都の中学受験 出願の話

10月に入りました!皆さん赤本の準備は出来てますか?

 

そろそろ志望校の赤本を用意しておく季節ですね。

 

さて、今回は出願の話をしたいと思います。

今年はコロナで学校説明会等がなかなかないですが、例年では、秋の説明会に行くと出願のための封筒がもらえました。

 

ちなみにうちの娘ちゃんの志望校は、10月下旬より配布と出ていました。

受験生の皆さん、チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

第一志望校を決めるのに悩んでいる方、おられると思います。

「ここに行かせたいけど、うちの子の成績がのびるのかしら?」

とか、

「ここって倍率高そう」

とか。

 

そんな方にお勧めしたいのが、

 

第一志望校に2校エントリーです

 

選びきれないなら、両方だしちゃおう、というのを私は友達にも勧めてます。

洛南などは、年内に出願を締め切りますね。早いんです。

 

12月の冬期講習で伸びるかもしれないし、年が明けたら急にやる気になった!など、子供は何がきっかけになるかわかりません。

ちなみにうちの息子ちゃんは、1月の冬休み空け、学校を休んで私と一日中勉強を一緒にしていた一週間で、仕上がってきたなという感触がありました。

 

出願の機会を逃してしまったら、時は戻せません。

 

受験料は無駄になりますが、ここまでかけてきたお金に比べれば大したことない!と割り切りましょう。

 

ちなみに倍率情報は、大体の学校の出願がほぼ出そろったところでしか出ません。

これを見てからどちらを受けるか、決めてもいいと思います。

 

 

にほんブログ村 受験ブログへ
気になる受験のブログはこちら!

-子供の中学受験
-, ,

© 2021 のほほん京都手帳